景気の行方

株式会社プロフィークイス

045-222-7087

〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町5-80 相生ビル402

営業時間 9:00~18:00

ブログ

景気の行方

生き残る会社消える会社ブログ

2019/07/09 景気の行方

7月5日に内閣府が発表した景気動向指数の速報値は、前月比1.1ポイントの上昇の103.2で2か月連続の上昇となり、前回までの悪化から「下げ止まり」に、上方修正されました。

 

この指標は9つの指標で構成されています。

 

そのうち、速報値として利用可能な7指標が今回の判断材料となっており、そのうちの5つがプラスに寄与したようです。

 

とは言え、増税前の駆け込み需要を見込んだ自動車関連の大幅増が指標に影響しており、持続性には問題がある、という見方があります。

 

日銀の短観(企業短期経済観測調査)6月調査では、大企業・製造業の業況判断指数(DI)は2期連続で悪化しています。

 

皆さんの実感はいかがでしょうか?

景気が良くも悪くも、実感が無い、という方もおいでになるのではないでしょうか。

 

8日に発表された、内閣府によるけ景気ウォッチャー調査は、景気の現状を示す指標が2か月連続で悪化したとのこと。

 

しかし、8日午後に発表された日銀の地域経済報告では、日本の全地域で景気判断を維持、年後半に向けて景気が持ち直す、との地域経済報告((さくらリポート)が公表されました。

 

以前のブログでも書きましたが、皆さんの業界や取引先の景況感が、世間の感覚とずれて発生する業種であるのか、無いのか、今一度皆さんの業界のポジションを確認してください。

 

あまり実感が無いとは言え経済成長の期間が長期に渡っており、調整局面が来ないほうが異常であると私は思っています。

 

不安をあおるわけではないのですが、景気動向指標と同時に発表されている先行指標は0.7ポイント低下の95.2と、2か月ぶりの低下を示しています。

 

3月決算の会社が多いので、財務分析は少々手間でしょうが、定点観測の重要性を思い出して、実施してください。

 

特に、気になる会社の確認は、怠ること無く実施してくださいね。

 

 

メルマガ

「プロフィークイス経営情報ブリッジ」を発信しています。
経営者と支援者の士業の皆さまに、最新の動向と実務に役立つ
ヒントを分かり易くお伝えしています。

宜しければご登録下さい。
https://mail.os7.biz/add/Vc3W

 

経済産業省 認定経営革新等支援機関
株式会社プロフィークイス
住所 〒231-0012
    神奈川県横浜市中区相生町五丁目80番地相生ビル402
TEL   045-222-7087
FAX.  045-222-7088
営業日 9:00~18:00(土日祝定休)

TOP